こういう老後になるとは思わなかった

「今をしっかり生きること」を心して。

ひとりで死ぬという事。自宅がいいか、病院がいいか…。

こんばんは。
もう、1日が終わります。
今日も暑かったです。
昼前からエアコンを入れました。



やっと勉強会が終わり
ホッとしています。
7月は今回の不明点などの
理解を深めたり
参議院選挙の結果を受けて
意見交流をする事になりました。
宿題がありません!
8月は珍しく夏休みになり
しばらくは、ぼ~っとしておられそうです。
今日は1時半に始まり
終わったのは5時20分でした。
間に休憩が10分。
ハードでも元気な皆さんです。



昨日の水なす。
軽くお醤油をかけて食べました。
冷たくて美味しかったです。
お素麺は2束。
ひとり分だと片手鍋で湯がくので
あっという間、とても楽です。
残り物の煮物などを食べました。



NHKのETV特集
「おひとりさま 笑って生きて、笑って死にたい」
の録画を少し観ました。
私も兄も、直面する問題です。
上野千鶴子さんの言われているように
介護制度が出来て
自宅で亡くなる事が可能になりました。
おひとりさまの先輩が
未来を切り拓き
「この道をついて来い!」と
力強く背中を見せてくれる事が
ありがたいです。
何かと悪く言われる団塊世代ですが
後を行く私にはありがたく
感謝をしています。
住み慣れた自宅で最期を迎えるか
人の気配がある病院に行くか
どうなるかは全く分かりませんが
シミュレーションは不可欠です。